でっけぇーめろーん

ここは全てのバランスが崩れた恐るべき世界なのです。

ナナシス3rdライブに行ってきた話。その1

 

 

ナナシスとはスマホ向けアプリをはじめとする作品Tokyo 7th シスターズのことである。

ということで行ってきました、『t7s 3rd Anniversary Live 17'→XX -CHAIN THE BLOSSOM- IN Makuhari Messe』!!!(参加したのは二日目昼公演です)

結論から言うと、最高でした。優勝!

今回はライブが始まる直前までの感想になります。

 

ライブ開始まで

 

ライブチケットを発券し、新幹線の切符も買った。ただ、幕張メッセに行くのが初めてで、恥ずかしながら方向音痴の僕はとにかく現地まで行けるのかどうかということが一番の問題でした。

あらかじめグーグルマップのストリートビューで会場までの道順を調べて頭に叩き込み、「最寄駅の海浜幕張駅は夢の国のある舞浜駅の路線だから、あの長い横向きのエスカレーターのある通路を――」と、過去東京駅から京葉線に乗り換えた時のおぼろげな記憶を引っ張り出してなんとかたどり着くことができました(実際には海浜幕張からはNI+CORAパーカーを着た方に着いて行っただけなのですが……)。

 

幕張メッセの目の前に着くとそこには支配人さんと思わしき沢山のひとひとひと……。キャパ6000人は伊達じゃねぇなと思いながら物販売り場の方向へ。

到着した昼前の時間帯の物販列はというと意外にもわずかで、レジが増設されていたこともあり待ち時間がほぼなくレジまで進むことができました。購入したのはライブのパンフレットとムスビちゃんのアクキー。

物販でとにかく驚いたのは、レジで売り子をしているスタッフさんの「おはようございます、支配人さん!」の一言。まさかそんな呼称をされるとはつゆ知らず、恥ずかしさと驚きと照れで変な挙動をしてしまったような気がします……。さらにはアクキーのキャラクターには一人ひとりちゃんづけで呼称してくださる配慮まで。その辺りの徹底ぶりに感動しなんだか嬉しくなりました。その節はありがとうございました。

f:id:dodeca_melon:20170425160956j:plain

 

開場まではまだ時間があったので、近隣の椅子のある建物で購入したパンフを読みふけっていました。パンフレットはというと、これまでで最多の60ページと今までで一番読み応えがありました。

まず目に入るのは総監督・茂木伸太郎さんのインタビュー。実は僕が勝手に不安に思っていたことへのアンサーがあり、杞憂に終わったことに胸を撫で下ろしたという(笑) キャストの方の趣味や特技欄etcはなかなか個性が光り色んな意味で興味深かったです。キャストの選ぶお気に入りカードのページがイチオシですね。ナナシスの歩みを年表化したものも載っていて、3周年を迎えた今見ると感慨深いものがあります。

 

ライブ会場へ入場すると目に入ってきたのは沢山のフラワースタンド。一つずつ見ていましたがどれも支配人さんの愛を感じる綺麗なものばかりで、内心スゴイスゴイとばかり思っていました。プレゼントボックスが設置されているので、思い思いに用意してきた手紙などを入れてらっしゃる方も結構目にしました。こんなに好きという気持ちにあふれた人を数多く目にするのはなんだかほっこりしますね。

そんな調子で洋ロックの鳴り響く会場内へ。席は3階Bブロックということでステージはかなり遠目だろうなあなんて思っていたのですが、端の席ということもありモニター含め思っていたよりは全然見れたような気がします。

開園を待つ間、会場の方と対戦できるかなぁなんて思いながらバトライブをしたり、サイリウムの色を確認していたりしていたのですが、自分がステージに上がるわけでもないのに緊張をしていました。それ以上に今回はどんなものが見れるんだろうというワクワクが大きかったですが。そんなこんなでいよいよ開演へ……!

 

ライブの感想は次回へ続く……。

 

2月のニチアサ感想まとめ

前回のエントリーからだいぶ日が過ぎてしまったので、その分まとめて感想を(うろ覚えばかりですみません)。

 

【目次】

 

動物戦隊ジュウオウジャー(最終話)

・ついに迎えた最終話。デスガリアンの大ボスであるシン・ジニスを相手にジュウオウジャーたちは最後の戦いを挑む。

 

・戦隊の最終話恒例「素面名乗り」は今年も健在。毎年ここで涙腺が緩み、EDでダムが決壊する……。

 

・この星の命運をかけた最終決戦の中で風切大和はイーグル、ゴリラ、クジラの力を野生開放し、それら全てを結集した姿へと変身した。ゴリラのマッチョなボディにホエールチェンジガンを構えたその姿(とイーグルのマスク)——まさに、怪獣の王者!ジュウオウゴジラ!!ちょー熱いな、これ!

 

・デスガリアンとの戦いを終えた後、地球とジュ―ランドはひとつに。人間とジュ―マンが共存する未来へと歩み出した。異種族が共存していくことになるのだから、この先々で色々と問題が起きそうな気がするが、きっと操たちが頑張ってくれるのだろう……たぶん。

 

 

なにはともあれ、ジュウオウジャーのキャスト、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。スーパー戦隊シリーズの記念すべき40作品目が本作で本当に良かったです。

 

 

宇宙戦隊キュウレンジャー(第1~3話)

・遂に始まったスーパー戦隊シリーズ第41作。物語の舞台は「遥か遠い未来の宇宙」。宇宙幕府ジャークマターから宇宙を救うため、9人の救世主が立ち上がる。

 

キュウレンジャーの特徴はなんといっても(番組開始時に発表された段階では)史上最多の9人戦隊というところか。運が良いバカレッドや20XX年なのに現代のスラングを口にするJK、筋トレが趣味のロボット、一人だけ料理と掛けたダジャレの肩書を持つ人、住人全員が同じ顔をした星の者(アデルクソコラ)etc……なかなかバラエティに富んだメンバーである。最初から9人全員が揃っているのではなく、行く先々で仲間を集めていくという構成が面白い。3話終了時点で残りは1人(オレンジの人は仲間になったわけじゃないけど)。一体なにピンクなんだ……。

 

・メンバーはそれぞれキュータマという星座の力が宿ったアイテムを持ち、これをセイザブラスターにセットすることで変身できる。キュータマはロボのコクピットとしての役割も持っているのだが、このロボ「キュウレンオー」がとにかく良い。胴体となるシシボイジャー以外は手足として四肢のうち好きな箇所に換装できるのだ。合体パターンは現在発売中の商品だけで1000種類を超えるという……。

DX玩具では前述した自由な換装合体の他、音声や発光、発光の際にキュータマの内部に搭乗するキュウレンジャーの姿が見えるというギミックがあるなど、凝ったつくりで開発陣の本気度が伺える。マイクラを意識したようなブロック状デザインで徹底してシンプルさをウリにしていた昨年と上手く差別化できているように感じる。

 

 

従来の作品のように襲来してきた敵を迎え撃つのではなく、支配された星々を救うために宇宙を股に掛けて戦うキュウレンジャー。1話では惑星ジャグジャグなる星が登場した。きっと闇の仕草が得意な宇宙人でもいるのだろう。インタビューでプロデューサーは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのような作品をつくりたい」とも語っており、例年以上に大所帯で賑やかなメンバーが繰り広げる物語が楽しみだ。

 

 

 

仮面ライダーエグゼイド(第17~20話)

 

 ・ゲンムコーポレーション社員・小星作から生まれたハンバーガーのバグスター「バガモン」、同社員が開発した「ジュージューバーガーガシャット」登場。この時ちょうどマクドナルドではハッピーセットがガンバライジングカードなだけあって、タイミング的にはバッチリ。

バガモンはバグスターでありながら人間と親密な関係を築いた珍しい固体だ。モグラ獣人やロイミュード072といった枠にあたるだろうか。今回はこれまでのようにバグスターを倒すのではなく、エグゼイドが、元となったゲームのクリア条件である「ハンバーガーを作り、バガモンを笑顔にすること」を満たしたため、ゲーム病を完治することができた。それも、ケチャップとマスタードが腕に付き、足にはローラースケートを履いているという奇抜な姿で(ジュージューアクションゲーマー レベル4)。

事態は無事解決できたように思えたその時、「Stage Select」の音声と共に辺りが一変、永夢たちの前に黎斗とパラドが現れた。この演出、絶望感を煽るかんじですごくイイ! 人間の味方をした怪人の運命なのか、バガモンは黎斗の変身するゲンムの攻撃から作をかばい、命を落とすという最期を迎えてしまった。

オタクの怪人といい、ハンバーガー好きの怪人といい、どうしてこうもソリの合いそうな良いヤツばかりが死んでしまうんだ……。(第17話

 

・元上司である黎斗に呼び出され、またゲーム病にされてしまった作。ただ会社の為に元社長の尻拭いをしようと奮闘していたのに、自分以外がガシャットを作ったことに腹を立てられ因縁つけられるとか、さすがに不憫すぎない?

そこに駆け付けた永夢と大我。スナイプは「ハンターシューティングゲーマー レベル5(フルドラゴン)」に変身し、ゲンムと対峙する。さすがは5年前からライダーだった大我、フルドラゴンを永夢以上に使いこなしている。それにしても第18話は全体的にエフェクトが格好いい。

前回の件でバグスターが囮にされたことに憤慨したパラドは怒りを爆発し、パラドクスへ変身、ゲンムへ襲い掛かった。ファイターゲーマーで火柱を上げながらタコ殴りにし、さらにパズルゲーマーにマッスル化のエナジーメダル3枚掛けで見事なクリティカルコンボを決めた。貴利矢、バガモンを葬られかつて絶望した視聴者にも実にスカッとした瞬間である。変身解除され、パラドに首を掴まれる黎斗。しかしその時、黎斗は永夢に真実を告げてしまった。それにしてもこの時の元社長、とにかく清々しいくらいの良い笑顔である。見事な小物キャラっぷり。岩永さんはきっとノリノリで社長を演じているに違いない。(第18話

 

・真実を知り、ゲーム病を発症し、倒れた永夢。意識を取り戻すと彼の人格はゲーマーMのものに変わっていた。レベル30というこれまでより遥かに強い「ガットンバグスター」が出現するも、エナジーメダルを活用し、レベル3の姿で敵を圧倒するエグゼイド。天才ゲーマーの腕が光る。

飛彩は生身で敵を出し抜き、黎斗から「ガシャットギアデュアルβ」を奪取。「ファンタジーゲーマー レベル50」に変身。ブレイブ何週ぶりかの復活である。さすがにレベル50は相当の力があるのか、力に呑まれそうになる飛彩。しかし、飛彩は強い意思でそれをなんとか制御することに成功した。魔王が主人公のファンタジーゲームなだけあって、見た目は禍々しくダークライダーのような風貌。バグスターの召喚をはじめ、能力も魔法的要素が強い。必殺技は、本編ではブレイブ初めてでもある王道的なライダーキック(音声は「スラッシュ」であるが)。飛彩の思いが通じたのか、戦いの後、永夢は正常な人格を取り戻すことができた。患者を治療するために戦う世界一のドクター、格好いいっす!(第19話

 

・レベル50のガシャットを使いこなせず、倒れてしまった飛彩やバグスターに乗っ取られるかもしれない恐怖から変身できない永夢を叱咤する大我。お馴染みの「ガシャットよこせ」という言葉は、命を危険に曝すのは自分一人だけで十分だという自己犠牲の考えから放たれたものだった。大我の言葉に触発され、永夢は再びエグゼイドへ変身する決意を固めることができた。 

スナイプの新形態「シミュレーションゲーマー レベル50」登場。スナイプは身体中の砲塔から一斉射撃し、バーニアバグスターを撃破した。提督風の帽子を被り、戦艦をそのまま身に纏ったようなその姿、まさに「艦これゲーマー」である……。

飛彩に続き、ようやくレベル50になれた大我。しかしながら、ガシャットギアデュアルβは一つのガシャットで魔王と艦これを切り替えて使用するため、ブレイブ、スナイプが同時にレベル50へ変身することはやはり無理なのだろうか。(第20話

 

 

2号、3号ライダーの更なる強化フォームが登場し、物語もますます盛り上がっていくエグゼイド。にもかかわらず、未だ全体では半分ほどの20話だというのに驚きだ。中盤はもう過ぎてクライマックスに向かっているかのような感覚に陥りそうになる。この先がどうなるのかいい意味で見当がつかない。

ここのところすっかりEDと化している主題歌『EXCITE』。一部映像を一新してOPとして復活するのかが気になるところだ。

 

 

 

 

 

 

 

仮面ライダーエグゼイド DXジュージューバーガーガシャット

仮面ライダーエグゼイド DXジュージューバーガーガシャット

 

 

 

 

 

 

 

 

『仮面ライダーエグゼイド』 第16話 感想&春映画CM放送開始


『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』特報映像

 

エグゼイド第16話の放送があったことと春映画のCM予告が流れたのでそれらの感想を。

 

 

仮面ライダーエグゼイド』第16話「打倒MのParadox」

前回に引き続き、番組開始時のOPはカット。あの「クリスマス回(第12話)」が放送された後なので何かあるのではないかと冒頭から緊張が走る。

 

知れば大きなストレスを抱えることになるのではないかと危惧し、永夢本人がゲーム病だという事実を打ち明けられない飛彩。それでもなお彼は戦おうとする。それは患者でもある永夢を守るため。

過去に自分を負かした永夢打倒のためライダーになろうとするニコを「遊びじゃない」と一蹴し、一つしかない命を張ってライダーとしての使命を果たそうとする大我。彼がガシャットを集め、自分だけがライダーであろうとしていたのは、命を危険に曝すその戦いを一身に背負うためなのだろうか。

これまでいがみ合い、時には戦うこともあった者たちが内に秘めた感情を表に出し始めた15、16話。皮肉にも仮面ライダーレーザー=貴利矢の消滅という衝撃的な出来事をターニングポイントにして、エグゼイドの物語が大きく動いていった。

 

16話では、主題歌『EXCITE』は挿入歌として使われた。冬の劇場版『平成ジェネレーションズ』然り、主題歌を変則的なタイミングで使用するのはシリーズでも珍しく(戦闘BGMとして使われることはあるが)、粋な演出であると感じる。前述した劇場版では永夢、タケル、進ノ介、晴人……それぞれのライダーが決戦に向かう覚悟を固める際に使用されており、映画中でも印象的な場面となっている。

今月CDが発売された『EXCITE』は勿論フルサイズで収録されているため、テレビシリーズでは聴くことのできない2番以降を聴くことができる。歌詞を確認してみると、エグゼイドの物語を暗示するかのような意味深な内容が含まれており、この先はより不穏な展開になるのではないかと期待半分、不安半分な気持ちになる。CDには2種のRemixもあり、歴代主題歌でもトップクラスの格好いい楽曲となっているので必聴だ。

 

仮面ライダーエグゼイド テレビ主題歌EXCITE

仮面ライダーエグゼイド テレビ主題歌EXCITE

 

今週一番の衝撃は、ニコの年収が10代にして1億円である、ということだ。

戦うドクターが命を危険に曝しながらメダルを集めて稼いだ額をゲームで稼ぐ女の子。おそるべし天才ゲーマー。永夢は医者にならずともメシを食えたわけか。

そういえば、別世界のニコはDJサガラと回鍋肉を食っていたとか……。

 

 

 

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』 TVCM放送

 

エグゼイドの放送中、春映画の二つのTVCMが放送された。

一つ目は以前解禁された特報映像に関俊彦さんのナレーションが加わったもの。

そして二つ目は本邦初公開である映画の映像だ。

本項では後者の映像について触れる。

 

のっけからやはりというか、今年放送開始から10周年を迎えた仮面ライダー電王が登場(なぜか俺、参上のポーズが逆だが)。モモタロスがいてウラタロス、キンタロスもいる。一人足りていないよね、答えは聞かないけど!

 

映像では電王ロッドフォームの隣に並ぶディエンド、ウィザードウォータースタイル、オーズシャウタコンボ、ガタックの姿を確認できる。所謂青系ライダー軍団といったところか。

 

そしておそらく今作でメインとなる5人……エグゼイドロボットアクションゲーマー、電王ソードフォーム、アオニンジャ―、ビートバスター、ゾルダ。なんともまた繋がりのよくわからない異色な混成チームであるが、これらのヒーローは本人出演を期待してもいいのだろうか(良太郎は絶対ないだろうけど)。

春映画のゾルダ、ブレイブスピンオフの王蛇といい龍騎ファンには嬉しいサプライズだ。15周年だからかね。

 

春映画ではおなじみの戦隊・ライダーの再生怪人軍団も映っている。その面子はドライブ夏映画の敵・ロイミュード108ことパラドックスロイミュード、昨年の春映画に登場した1号版ガラガランダ、そして現在放送中のジュウオウジャーより大ボスのジニスだ。

108という選出は悪くないと思う(例えばハートやブレンが再生怪人になると反発もあるだろうし)。地獄大使は身体を労わらせてやれ……。問題はこの人だ。こともあろうに、本編で倒されるより先に映画予告で再生怪人にされてしまったジニス様。ラスボスながらなんとも不憫である。

 

公開日は3月15日。

戦隊とライダーのコラボ、さらには宇宙刑事、平成対昭和、幻のライダー3号、藤岡1号単独主演映画……と毎年話題には事欠かない春映画であるが、今年はどういったものをウリにするのだろうか。一抹の不安を覚えながらもやはり気になってしまうのが性である。

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

 

 

 

 

 

 

『仮面ライダーエグゼイド』 第15話 感想

 

 

仮面ライダーエグゼイド、今回の3つの出来事!
1つ!西馬ニコがゲーム病に感染
2つ!宝生永夢の秘密が判明
3つ!新たな仮面ライダーパラドクス登場

 

 

ということで本ブログの自己紹介以外では最初の記事、エグゼイド第15話「新たなるchallenger現る!」の感想をば。

 

西馬ニコがゲーム病に

ウイルス保菌者であったニコがガシャットを使って変身しようとしたところ、潜伏していたウイルスが活性化、ゲーム病に感染してしまったことを見るに、ガシャットは一般人が安易に使用してはいけない代物らしい。というか、適合手術を受けた者でも使い続けると不味いことになるようだ。

第1話、そして今回と明日那と大我がそれぞれガシャットを「素人が扱えるゲームじゃない」と言っていたのはこのためだったのか。

 

過去に何かがあったのか永夢を恨んでいるニコ。回想シーンでは格ゲー大会(鉄拳7)に出場中の永夢を観戦するギャラリーの一人としてだったけど、昔ゲームの勝負で天才ゲーマーエムに敗れたのだろうか。それにしても、「私をおぼえていないの?」と言われても彼女を思い出せない永夢のくだりを見て、てっきりノリで一夜を共にしちゃった女なのかと……。

 

宝生永夢の秘密

今回、黎斗の口から大我へ、大我から飛彩へ、永夢の秘密が初めて明かされた(映画で既に判明していたけど)。その秘密とは、永夢が「人類最初のゲーム病患者」だということ。

回想ではDr.パックマンこと財前美智彦も登場し、冬映画の『平成ジェネレーションズ』と本編が繋がっていたことが判った。話の内容や設定やらでパラレルになってしまう映画もある中でこれは個人的に嬉しいポイントだった(勿論パラレルだからこそ面白い映画もあるが)。

 永夢の正体を巡って飛彩、大我が今後どう行動していくのかが気になるところ。

 

新たな仮面ライダーパラドクス

仮面ライダーパラドクスにはパラドが変身する。変身アイテムであるガシャットギアデュアルは一本で二つのゲームを遊べるというお得な仕様。

レベルはなんと50。パンチ力64.0t、キック力68.5t(ファイターゲーマー)という破格のスペックを誇り、その数値はクウガ響鬼を除く平成ライダーの最強フォームを上回っているという……。それでいてエナジーアイテムの生成能力まで持ち、更なる強化を図ることができるっていうんだからチート以外の何物でもない。はっきり言って卑怯である。 レベル5のブレイブとスナイプでは2匹のアリが恐竜に挑むようなものだ。東映さん、どうか二人に強化フォームを……。

仮面ライダーパラドクス、カッコよくて強いのね! 嫌いじゃないわ!

 

そして今回忘れてはいけない(かわいそうな)のがニコから生まれたリボルバグスター。手持ち無沙汰になって戦闘中にアセアセしたり、味方に鎖で吊るされたり(高所恐怖症なのに)……。敵ながらなんとも不憫である。彼の明日はどっちだ。

 

エグゼイドはとにかく新しいガシャットや武器の登場に次ぐ登場という休む間もない玩具販促ペースと怒涛のストーリー展開が凄い(同時にレベルのインフレも)。それでいてそれら二つを上手く裁けていたと思う。玩具販促は番組開始~年末の頃と比べこれから少しずつ穏やかになっていくと思うので、その分ストーリーに注力できると信じ今後にも期待したい。

ファーストノート

Twitter以外の場で何か発信できないか、何かを見たり聞いたりして日頃思ったことなんかを少しでも残せられれば……と思い作ってみました。

 

特撮や映画、ゲーム、玩具、音楽etc...趣味関係の話が多くなるかと思います。

 

タイトルは18禁ホモゲーCross Days』の同名楽曲から。良い曲です。

どうぞよしなに。